本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

医療事務の資格は10種類以上!

病院などの医療機関において非常に重要な役割を果たしているのが、病院の顔ともいえる医療事務です。

どのような患者が来ても、症状や事情などをしっかりと聞いたうえで適切な判断を行っていますので、多くの患者からも絶大な信頼を集めているのです。

このような医療事務になるためには、専門的な知識や技術を身につけなければなりません。医療事務の資格は10種類以上ありますので、自分の目的やタイプに合わせて自由に選ぶことが可能なのです。

さまざまな資格の中で唯一の国家認定とされているのが、診療報酬請求事務能力試験が挙げられます。

医療保険制度や医学知識、介護保険制度など幅広い知識が求められる試験といえます。

そのため、難易度は比較的高く合格率は30パーセント前後となっています。医療機関からの信頼性も高いため、この試験に合格することで自らの能力を証明することにつながるのです。

また、メディカルクラーク検定は1級と2級があり、受験資格を満たすことで受験できます。未経験者の場合には、先に通信教育を受講することが前提となっています。

医科医療事務管理士技能認定試験は、最新医療制度や医学一般、保険請求事務などの他にも、レセプト作成の実技試験がある点が大きな特徴です。

通信講座を修了することによって在宅受験が可能な点も人気の秘密となっているのです。未経験者の間で高い支持を得ています。

さらに、診療情報管理士検定、保険請求事務技能検定、医療秘書技能検定など、10種類以上の資格が存在しているのです。

基礎知識が問われるものから高度な上級者向けのものまで幅広くありますので、自分のレベルに合った試験を受けることがポイントといえます。

このように、働きたい職場やその実務に役立つ医療事務資格を取得する努力を重ねていくことによって、自らのさらなるスキルアップやキャリアアップを叶えることができるのです。

これからも目標を達成するために自分磨きへの努力を怠らないことが大切です。