本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

医療事務の仕事の今後はどうなっていく?

今後の見通し

医療事務という職業の今後の見通しについては、基本的により需要は高くなっていく可能性が高いとされています。

現在の日本は高齢化社会を迎えており、2035年には3人に1人が高齢者という時代になると推定されていることを踏まえると、今後医療機関を受診する人の数は間違いなく増えていくでしょうね。

医療機関を受診する人が増えれば、医療事務の仕事が増えるのも当然のことですから、そうした中で業務に対応するために業界全体で人材への需要が高まる可能性は非常に高い!

一応コンピュータのさらなる発展による業務の効率化も期待されていますが、人の手が全く不要になるという時代はまだまだ先と予測されていますから、少なくとも今後しばらくは医療事務の業界は大きくなっていくと見て良いでしょう。

『就職しやすい』については黄色信号

ただ、これが「医療事務に就職しやすい」となるかどうかについては、残念ながらそうではない可能性の方が高いです。

というのも、10年以上前は医療事務という仕事は比較的マイナーな職業で、資格があることも知らない人が多く、資格取得スクールの情報も限られていました。

しかし、現在では大手の資格スクールがどんどん広告を出して知名度を引き挙げているため、有資格者の数が増え、それによって人材の供給も増えました。

実際のところ、需要がどれくらい大きくなるかについて正確な数値は出ていませんが、少なくとも有資格者の増加ペースに比べて需要の増加ペースは劣ると見られており、この業界に就職・転職する難易度は高くなっていきます。

よって、もし今後転職を考えているのであれば早い段階で動き出した方が良いですよ。

経験者が未経験者よりも優先的に採用されるのはどのような業界でも変わりません。

また、他の職業と比べても心身的な負担が少ない傾向にあり、しかも収入が安定しているという魅力的な仕事であるだけに、「いつか転職するために動き出そう」ではなく明確にスケジュールを考えるべきタイミングが来ています。