本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

医療事務の資格取得する前に知っておくべきこと

医療事務の資格に興味を持った際、資格を取得する前に知っておくべきことは、その資格と取得してどのように働きたいのかを考えることです。

なぜなら、医療事務と一口にいっても、その種類はおよそ50種類近くもあり、それぞれどのような職務が行えるのか、求められる知識や技術に大きな違いがあるからです。

一般的なイメージとしてあるのがいわゆる病院の受付やレセプト管理などを行う医療事務です。

その他にスムーズに医師や看護師が仕事を行えるようにサポートをする医療秘書、

医師の指示のもと、文書作成やカルテ代行入力を行う医師事務作業補助者、

診療情報を集めて、必要な時に提供する診療情報管理、調剤薬局での受け付けや事務を行う調剤事務、

介護福祉関連の施設で働く介護事務といったジャンルに分けられます。

これらのジャンルのなかでもさらに細かく分類分けされており、初めて医療事務を調べた際には混乱してしまう方も少なくありません。

ですので、思い描く働き方をするためにも医療事務の資格を取ることを考えた際には、まずどれを取得するのかを考える必要があり、そのためにはどのように働きたいのかを明確にしておかなければいけないのです。

また明確に働き方を考えていなかったり、はじめて資格取得をするのであれば、医療事務行全般をカバーできる基礎的なものを選ぶのもよいでしょう。

働き出してから必要になる知識や能力が増えてきた際に次を考えるのも一つの方法です。 ある程度、取る資格を決めた後にするべき事は、どこで勉強をするのかということを決めなければいけません。

もともと、医学の基礎知識があったり、ジム経験が豊富であったりするような場合、学習計画さえ立てられれば独学でも取得を目指すことは可能ですが、そうでない場合、あまり独学は効率がいいとはいえません。

ですから、通学や通信講座などから勉強する場所を選ぶことが必要となります。

それぞれの生活スタイルがありますので、一概にどの方法がいいとはいえませんが、大切なことは資料や口コミなどを活用して、複数の学校、講座を比較して選ぶことです。

この際、合格者数もしっかりと確認をしておくとよいでしょう。