本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

医療事務の仕事の魅力、メリット、デメリット

医療事務の仕事は特に女性に人気から人気が高いのですが、どのような魅力やメリットがあるのでしょうか。またデメリットもあるなら確認しておきたいですね。


医療事務、仕事の魅力とは?

医療事務の仕事の魅力は、何といっても患者さんと触れ合えることや、感謝されることが多く、やりがいを感じながら働けることです。

小売店や飲食店などの接客業とは異なり、病気やケガで困っている患者さんへの対応は、細かな点にまで配慮しながら注意深く行わなければいけません。そのため気を使うことも多いのですが、反面、患者さんに頼りにされたり感謝されたりすることも多く、やりがいや喜びが感じられる仕事です。

また、医療機関のスタッフとして、病院業務に参加することで、社会の役に立っているという実感を持ちながら働くけます。自分の仕事にプライドをもちながら働けるのも魅力です。


医療事務で働くメリット

ライフステージに合わせた働き方ができるため、女性でも長く働くことができるのがメリットです。

正規雇用でフルタイムで働くほか、パートやアルバイト、派遣社員の募集も多く、子育て中はパートで働くなど、働き方を選択できます。育児休暇が取得しやすい、院内保育所が利用できるなど、子育て中の女性でも働きやすい環境が整っている病院も増えてきました。

また、レセプトや薬剤の知識など、専門知識が身につきますからスキルアップしやすく、意欲のある人はさらなるキャリアアップや昇給が期待できるのもメリットです。


医療事務で働くデメリット

医療機関で働いていますが、医師や看護師ではないため、患者さんに病名を伝えたり、日常生活のアドバイスを行ったりといつた業務は禁止されています。してはいけないことが細かく込められているので、患者さんへの対応で苦労することがあります。

また、個人情報を扱う仕事なので、情報が漏えいしないよう管理に気を使うというデメリットもあります。 覚えなければいけないことも、たくさんあります。保険制度は2年毎に改正されるので、改正があるたびに新しい点数を覚えなければいけません。

また、新薬などの、最新の医療知識も必要です。多忙な業務に加え、次々に新しい情報を覚えていかなければならない苦労があります。このほかに、他業種への転職が難しいのもデメリットといえます。

病院で働くのがイヤになっても、一般の会社で働いた経験がないなどの理由で、他業種への転職を希望しても採用されにくいのが現状です。