本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

未経験から医療事務に応募して採用される方法

お仕事の中でも常に人気が高いのが医療事務ですが、経験を重視される傾向にあるため泣く泣く諦めている方が多いのが実情です。

しかし、全ての医療事務で経験者しか募っていないわけではなく、中には未経験者でも応募可能なケースがあります。

そのようなケースは未経験者にとっては救いの手に感じられるほどです。

未経験OKな求人のウラ事情

そこで、異業種などから未経験の状態で医療事務に挑戦しようと考えているのなら考えるべき事があります。

それは、なぜ未経験者でも問題無く募っているのかという事です。

大きく分類すると、異業種で頑張っていた人を採用しこれまでとは異なる風を院内に取り込みたいという考えと、人手不足でとにかく人を採用したいという事に二分されます。

このように募集している理由は二分されますが、どちらにも共通している事があります。

それは、資格すら有していない上に、全くの無知であるものの採用後に覚えれば良いという考えは通用しないという事です。

実際に面接に訪れる方の中には、現時点で資格を持っていない上に、勉強すらしていないという方は多いものです。

つまり、異業種から転職予定であるというアピールポイントしか無い状況です。

当然、そのようなアピールポイントだけでは心配ですし足りません。

病院側も準備をしておらず、準備する様子すら感じられない人をあえて採用するといった事はありません。

未経験者のアピール方法

そこで、未経験の方の場合は面接に向けて自分が採用された際には、どういった戦力になるのかという事をしっかりと伝えられるようにすべきです。

また、漠然と伝えるのではなく、具体的な日付などを示して計画的に医療事務に従事する者としてのスキルを高めていく予定も伝えられると良いでしょう。

そのように具体的にスキルアップのためのスケジュールを示すことで、面接官側も採用後の様子を長い目で見て計画を練ることができるのです。

医療事務のお仕事というのは、つい資格が無ければ相手にされないと思いがちですが、真摯に情報を伝えると採用率が高まります。