本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

最短で医療事務になる方法

医療事務に最短でなる方法は?と聞かれたら、とにかく就職すること!と答えます。資格を取得して、派遣会社に登録して…なんてことするより、就職して実務経験を積むことがなによりです。

医療事務の資格は、医療機関での受付や会計などをするもので、医療機関には欠かせない人材となっています。比較的、他に比べてやりやすい仕事でニーズも高いです。

この仕事は肉体労働ではないので、年齢を気にせず幅広い年齢の方々が働けることはメリットと言えるでしょう。

その就職のしやすさから、女性に圧倒的な人気がある仕事です。医療事務の資格を取得しておけば、結婚や出産を経て社会復帰をするお母さん方にも人気です。

そのため、子育てをしながら働くパートタイムで働く方も多く、午前中だけ働きたいとか残業はなしが良いなどの要望も、柔軟に対応してもらえます。

自分自身の都合に合わせて勤務時間を選びやすいのも、この仕事の魅力です。

また、医療機関は好不況には関わらず、景気には左右されにくい安定した職業であることも人気の理由です。 医療事務の仕事をするのに実際は免許などは必要ありませんが、資格を取得することで就職や転職に有利ですし、即戦力になるかもしれないし、職場によっては手当がつく場合もあります。

それに資格取得者の方が優先的に採用されるので、将来的なことを考えたら取得しておいた方が良いでしょう。この仕事は、通学講座や通信教育を受講する、専門学校や短大で学んだり、独学で勉強したりする方法があります。

通信教育は自分のペースで勉強が出来ること、短期集中も可能なことです。受講資格もありませんし、費用は40000円〜80000円になっていて、かなり幅広くなっているので、通信教育や通学講座を受講するなら、費用を見比べながら検討することをおすすめします。

また、受講内容も少しずつ変わってくるので、事前に資料請求をしておきましょう。受講期間は一般的には、3〜4カ月かかることが多いですが、短期集中型なら1カ月程度になります。

しかし、勉強時間が確保される人ややる気のある人は期間を短くもできます。医療事務に馴れてきたら、医療機関に携わる職種に実務経験に応じてスキルアップを目指してみるのも良いでしょう。