本文へスキップ

医療事務資格取得できる通信講座・通信教育の体験談。資料請求。

医療事務の資格を取得するための勉強方法

医療事務の資格はいろいろありますから、自分に適した資格を取得しておくと就職や実務で役に立ちます。

資格取得のための勉強方法もさまざまですが、社会人や主婦の場合は通信講座で学ぶのがおすすめです。

独学

参考書などを購入して独学で勉強する方法は、最も費用がかからず自宅でもできる勉強法です。

しかし医療保険に関する知識が皆無の人が、一人だけで一から勉強するのはあまりおすすめできません。

独学で勉強するのにおすすめの人は、現在、実際に医療機関で医療事務として働いており、ある程度の実務経験や知識がある人です。

このような人の場合、本を読みながら勉強をし、わからないことがあれば職場の先輩などに質問をして教えてもらえるので、独学でも勉強できます。

費用をかけず、仕事と両立させながらできる勉強法ですが、医療事務の経験がなく、医療や診療報酬に関する知識がない人の場合は、マスターするまでに時間がかかります。

仕事が終わってから、また子どもが寝てからなど、疲れた身体で夜遅くまで勉強を続けるためには、強い意志も必要です。学校からの就職支援が受けられないので、自分で就職活動しなければならないというデメリットもあります。

学校に通う

専門学校やスクールに通って、受験のための勉強をするのは、もっとも効率的な方法ですが、社会人や主婦は昼間の通学ができない人が大半です。

また入学費など費用負担が大きいので、時間と費用が工面できるならおすすめしますが、そうでなければ他の方法を選ぶほうが無難です。

ただ学校に通って勉強する場合は、学校から受験対策や、資格取得後の就職支援などさまざまなサポートが受けられるというメリットがあります。

短期間の通学で受講コースが終わるところなど、それぞれの特徴があるので、情報を集めてみましょう。

通信講座を受ける

社会人や主婦なら通信講座を受けるのが、もっとも一般的な方法です。

自宅で好きな時間に、好きなペースで勉強を進められるので、仕事や家事・育児に支障をきたさずに資格が取得できます。

特に難易度がされほど高くない資格や、参考書を持ち込んで受験できる資格などの場合、通信講座だけでも十分に合格できます。

通信講座はいろいろな企業や団体が実施していますから、まずは資料請求を行って受講内容、費用、合格率、サポート体制などを比較し、自分に最も適した通信講座を選びましょう。

どの資格を取得するのかを決めてから、その資格のための講座を開いている通信講座をピックアップし、特徴を比較して決めると効率的です。